Press

世界から53ギャラリーが集結国内外の有力ギャラリーが共有ブースで展示

 

 


  

 

2020年11月16日
京都府・Art Collaboration Kyoto 実行委員会

PRESS RELEASE

京都で初開催する日本最大級の現代アートのフェア、12月1日からチケット販売開始。
世界から53ギャラリーが集結国内外の有力ギャラリーが共有ブースで展示
ユニークな展示会場。変化に富んだ空間とすることで、一つ一つの作品との出会いを演出。


京都府(知事:西脇隆俊)とArt Collaboration Kyoto 実行委員会(所在地:京都市中京区、委員長:京都府文化スポーツ部長・稲垣勝彦、以下「ACK実行委員会」)は、2021年2月に国立京都国際会館で現代アートに特化した日本最大級となる国際的なアートフェアである「Art Collaboration Kyoto」(以下「ACK」)を開催するにあたり、出展ギャラリー53軒の一覧や展示会場のイメージなど、詳細を発表いたします(概要は参考資料1)。
新型コロナウイルス感染症の影響のために、海外からの来日が困難な状況にあっても、国内と海外のギャラリーのこれまでの関係性に基づく相互協力により、ブースでの作品展示が可能となります。世界中で人々の往来が制限されている今こそ、ACKはアートを通じた国際交流の場を維持し、来場者が作品を購入して楽しむことのできる機会を提供します。
チケット販売は12月1日午前10時から開始し、WEBサイト(www.a-c-k.jp)からご購入いただけます。新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、オンラインによる日時指定、定員制の完全事前予約制となります。
また、ACKの開催時期に併せて、ACKが運営費の一部を支援する関連プログラムを開催します(参考資料2)。これにより、現代アートから伝統工芸、ハイキャリアから若手美術家まで、京都における様々な美術をまとめてご覧いただける機会を提供し、京都を美術で盛り上げます。中には、歴史的建造物を活用した展示会場もあり、京都ならではの空間で美術をお楽しみいただけます。

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。