Gene Gallery

Gene Galleryは2018年に中国・上海に設立し、中国現代美術特有のスタイルを追うことを使命としてきました。ギャラリーの中国名である「弥金」は、『維摩経』からの引用で、芥子粒のうちにに須弥山を納める、極小のうちに宇宙を見るという意味があります。この名の示す通り、Gene Galleryがつねに取り組んできたのは、東洋の精神性を示し、さまざまな現代的特性を具現化する芸術の、中心的作品を紹介することです。共通の文化的背景を有するアーティストを統合することで、アジア美術独自の文化的文脈を構築します。

Kavi Guptaは2000年にシカゴで設立し、現在はメインギャラリー以外にもアメリカ各地に展示スペースを構えています。
Kavi Guptaは多様性のある、新進気鋭なアーティストを中心とし、彼らがいま作りだしている“美術史”を紹介している。野心的な展覧会だけでなく、革新的なマルチメディアのプログラミングでの展開も行う。またKavi Gupta Editionsなど確率された美術出版を傘下におき、国際的なコミュニティと共にアートに関わる会話を促進していきます。

2017年4月20日にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の新規事業として、アートギャラリーTHECLUBが誕生しました。
丁寧なキュレーションのもと、日本ではまだ目にする機会が少ないコンテンポラリーアーティストを中心に、時代や分野を超えた展示を行って参ります。訪れるお客様ひとりひとりが持つ審美眼によって、数あるアート作品のなかから、自分色のアートを見つけ出す楽しさを味わって頂けたら幸いです。また、THECLUBでは、お客様のご要望に応じて、プライベートセール並びにアートアドバイザリーサービスも行っております。
我々は、THECLUBが、欧米とアジアの架け橋となること、そして、アートを通じて、様々な人、文化が交わり、新たな感性を発見できる場所になることを願っています。

Ulterior Gallery (アルテリア・ギャラリー)はニューヨークのロウワー・イースト・サイドにあるギャラリーです。田邉多佳子により2016年に設立され、世代を超えて多様な文化や背景を反映する作家の作品を展示・紹介することに力を注いでいます。名前の示す通り、Ulteriorは本質的なin-betweenness 、国境や境界線、そしてカテゴリーを超えるという状態や質を探索するようなアーティストやアートに焦点を置いています。
Ulteriorでこれまで展示されてきた作家達 は、Maryam Amiryani, Robert Beck/ Robert Buck, Keren Benbenisty, George Bolster, Camel Collective, Douglas Goldberg, 井原康夫, 国谷隆志, Margaret Meehan, 野村在, Mamie Tinkler, 蔦谷楽, Carrie Yamaoka, ヨシダミノルなどです。2021年秋、UlteriorはThe Armory Show (NY)、Art Collaboration Kyoto、Dallas Art Fair (TX) への参加を予定しています。

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。