Talks

14:15–15:15

ゲームという体験をどう保存するか ~企業・美術館・研究機関、それぞれのアプローチ~

本、映画、音楽、絵画….。さまざまな文化・芸術作品に「アーカイブする」という慣習があるなか、インタラクティブメディアであるゲームはどう保存されるべきか? そしてそこから生まれるものとは? 研究機関、企業、美術館の、それぞれの立場からゲームのアーカイブの取り組みと未来への継承を考えます。

登壇者
細井浩一(立命館大学 教授)
三宅陽一郎(ゲームAI研究者)
副田一穂(愛知県美術館学芸員)


登壇者プロフィール

細井浩一
伝統芸能から近年のポップカルチャーにいたる様々な日本文化資源を総合的なデジタルアーカイブとして確立し、地域および産学公連携に立脚する新しい社会ビジネスモデルと連動させることによるコンテンツ分野の活性化に関心を持つ。デジタルゲームの長期保存に取り組むゲームアーカイブ・プロジェクトは、産学公連携によるゲームの包括的な社会的保存活動として1990年代後半から現在まで継続している。主な著書に『ファミコンとその時代』NTT出版、などがある。

三宅陽一郎
ゲームAI研究者・開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程を経て博士(工学、東京大学)。2004年よりデジタルゲームにおける人工知能の開発・研究に従事。立教大学大学院人工知能科学研究科特任教授、東京大学生産技術研究所特任教授・先端科学技術研究センター客員研究員、九州大学客員教授。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、人工知能学会編集委員会副委員長・シニア編集委員、情報処理学会ゲーム情報学研究会運営委員。『大規模デジタルゲームにおける人工知能の一般的体系と実装 -FINAL FANTASY XVの実例を基に-』にて2020年度人工知能学会論文賞を受賞。

副田一穂
1982年、福岡県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻(美術史学)修了。愛知県美術館主任学芸員。ミュージアムから見たゲームについての寄稿に、「ミュージアム・コレクションとしてのヴィデオゲームをめぐる諸問題」、「アナログゲームから読み解くアーティストたちの実践」(『美術手帖』2020年)などがある。

Talks アーカイブ

Coming soon

細井浩一
三宅陽一郎
副田一穂

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。