News

Galerie Jean Fournier

ギャルリー・ジャン・フルニエは、パリで最も古い近現代美術のギャラリーの一つで、現在も活動を続けている。1960年代から70年代にかけて、フランスにおける抽象画の歴史とアメリカ絵画の普及に重要な役割を果たした画廊です。2006年にジャン・フルニエが亡くなってからは、主に1960年代生まれのフランス人作家を中心に、抽象と色彩の伝統を受け継ぐ作品を扱ってきた。しかし、この10年間は、抽象を具象と対立するものとしてではなく、現代絵画をイメージの伝達能力として捉える新しい作家たちによって、新たなアイデンティティが形成される作品を提案している。
ギャラリーのプログラムは、進歩的かつ伝統的な角度から構成されています。
パリの22, rue du Bacにある画廊は、年間6回のペースで、アーティストの最新の研究成果を反映した単写真展と、過去と現在のつながりを示すグループ展を交互に開催し、長年にわたって集められたコレクションを活性化しています。
ギャラリーのアーカイブは、ジャン・フルニエとギャラリーに関わるアーティストたちとの多くの交流の記録である写真や書簡のドキュメントで構成されています。また、国内外の主要な展覧会には、定期的にアーカイブやコレクションを貸し出しもしています。

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。