News

Klaus von Nichtssagend Gallery

Klaus von Nichtssagend Galleryは、2004年秋にニューヨークのブルックリン・ウィリアムズバーグにアーティストが運営するプロジェクトスペースとしてオープンしました。架空の人物の名前を使ったギャラリーは、3人のオーナー兼ディレクター、Sam Wilson、Ingrid Kennedy、Rob Hultが運営し、設立初期は初めてニューヨークで作品発表する新進アーティストに焦点を当てました。2011年にマンハッタンに移転後、ギャラリーはその運営を拡大し、初期からの若手アーティストのキャリアを発展させるのに加えて、中堅アーティストの作品の取り扱いを行います。 2022年、ギャラリーはトライベッカ地区に移転し、設立以来一緒に仕事をしてきたアーティストをサポートしながら、プログラムを拡大し続けています。

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。