News

Sadie Coles HQ

Sadie Coles HQはロンドンに拠点を置き、歴史的評価の高い作家から新進気鋭の若手まで約50名の国際的なアーティストが所属する現代美術のギャラリーです。同ギャラリーは1997年にロンドンで開廊し、サラ・ルーカスによるセントジョンストリートでのオフサイト展示「The Law」と並行して、アメリカの画家ジョン・カリンによる新作の展覧会が開催されました。この組み合わせによりギャラリーのプログラムの国際的な幅が確立され、以降20年間で拡張されてきました。Sadie Coles HQは設立以来さまざまな場所で運営され、数多くのオフサイトプロジェクトを実施し、ロンドン市内および海外での交流プログラムに参加しています。また、キングリーストリートの「The Shop」や提携ギャラリーにて新鋭の画廊、キュレーションプロジェクトやアートプログラムを迎え入れる企画もあわせて主催しています。その一例として、今年5月にはインドに拠点を置く4つの現代美術ギャラリーを招待し、デイビーズストリートに位置するスペースでグループ展を開催しました。Sadie Coles HQは、2013年9月にオープンしたソーホー地区に位置する最大のスペースを筆頭に、2015年には6a Architectsによって設計されたメイフェア地区のセカンダリースペース、そして2021年4月にセントジェームズ地区にある3番目のスペースをオープンしています。

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。